空き家問題

空き家問題

空き家を持ち続ける問題とは?

空き家 2015年より空き家対策に関する特別措置法が施工され、空き家を持つことに対して非常に大きなリスクを伴うようになってきました。

法律の改正以外にも、誰も管理してない土地や住宅が引き起こす問題は、たとえば放火による火災、老朽化による倒壊、犯罪の温床にもなる不法侵入、害獣や害虫の発生、そして草木が伸びることで起こる景観の悪化等があります。

また、空き家を放置することで、こういった個人的な問題だけではなく、新設する住宅の減少といった地域発展の機会損失を起こす原因にもなります。

住まいのアグリーは、空き家問題のご相談に応じます。

住まいのアグリー外観

○親が高齢で介護施設に入っているため実家が留守がちだが、
 離れているので中々行くことができない。
○現在は親が住んでいるがこの先は相続する気がない。
○現在既に空き家になっていて空き巣被害や不法投棄が心配。
○管理していないので、ご近所に迷惑かけていないか心配。
○老朽化が進んでいるため潰れてしまいそうで心配。


空き家等対策に関する特別措置法が施行された今、このまま放っておいては、固定資産税が6倍になってしまいます。

住まいのアグリーではこのような空き家問題でお困りの方のご相談に応じております。
是非一度売却を考えてみてはいかがですか?

「住まいのアグリー」小ロゴ

TEL
099-802-1161
FAX
099-802-1162
所在地
〒890-0073
鹿児島県鹿児島市宇宿5丁目25番28号


「住まいのアグリー」お問い合わせ